【シェルスクリプト】【備忘録】evalとは?

シェル

みなさま毎度お疲れ様です。
Numataです。

今回は、シェルを書いていて、少し苦戦した話を備忘録としてまとめます。

シェルは開発コーディングのように、変数の中に変数入れて文字列と結合して、、、
といった複雑な使い方するには向いていないんだろうな。。
(そもそもそういった意図で作られていないハズ)

と感じた出来事でした。

それではいってみましょう。

シェルにおける変数とは


シェルには変数という概念が存在します。
プログラミングでよく言われる変数の概念は”箱””入れ物”です。

変数宣言して中に値を代入して。。という一番最初に学習するヤツです。
(今回は変数の説明は省きます。)

シェルの変数宣言の方法はどシンプルです

以上です。そのまますぎて逆に違和感満載です。
左辺に辺数名、右辺に入れたい値を入れます。

”=”の両脇にスペース” ”を入れてはいけないことに注意!


これでhensuという変数に、ataiという文字列が入ります。

では、宣言した変数を呼び出して、中の値を出力してみましょう。
変数の呼び出し方法は2種類あります。

宣言した変数の前に”$”をつけると、文字列が変数として扱われるというわけです。

パターン1では、$をつけただけ、
パターン2では、$プラス{}がついています。

どちらも正解で、正しく動くのですが、圧倒的に
パターン2の方が見やすいですよね。

パターン1、パターン2が同リソースの中で混在していることも
少なくありません。

可読性の面を鑑みても、パターン2の書き方をオススメします。

動的な変数を作りたい


今回の主題はこれです。
シェルにおいて、動的な変数を作るにはどうするのが
スマートな方法なのでしょうか。

これに2時間弱つまづいたので、整理しておきます。

まず、今回作りたかった変数は以下のようなものです。

ここで出力したいのは”fl002”なのですが、
”file_2”が出力されてしまいます。

echoコマンドの後に、変数の印である$を入れてないからですね。

では$を入れたらどうなるでしょう。

はい、2が出力されてしまいます。

理由は、”file_”という変数が存在していないからです。

シェルでは、文字列結合に”+”などの演算子が必要ありません。
変数名を続けて書くだけで勝手に連結されます。

これが仇となり、変数$file_ と 変数$file_number が結合し、
2となるわけです。(存在しない変数は無視されます。)

といった具合で、出力したい変数名を動的に作り出すことが
一筋縄ではいきません。。

解決策はたくさんあると思いますが、
今回は2パターンで考えてみたいと思います!

動的な変数の解決策

①evalコマンドを使う

evalコマンドとは、こんなことができるコマンドです。

指定した文字列を評価後に連結して、現在のシェルに実行させます。

引用元:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1712/22/news019.html

文字列を評価してくれるというところがポイントです。

”評価”ということは、与えられた文字列を、
文字列or変数で、判断して使ってくれるということです。

このevalコマンドを上手に使って、動的な変数を作ることができます!

ただ。。
このソース読みづらいですよね(笑)

シンプルだし一発で変換できる点は良いですが、
可読性に欠けるかもしれません。
(特にコマンドをよく知らない人はなんのことか。。)

私は、シェルほとんど初心者なのですが、
最初にこのソース見たら何しているかわからなかったかもしれません!

②if文で分岐作る

少し長くなりますが、
if文で分岐作ると、ぱっと見で見やすいソースになります。

こちらのソースだと、パッと見ただけで何しているかわかりますね。

動的変数は初心者が簡単にできるものではなかった。。!


私は、そもそもがシェルをほとんど触ったことがなく、
ネットで知ったコマンドをその場その場で組み合わせて
ソースを読んだり書いたりしていました。

しかし、今回のようなケースにあたり、
エラーの解決に2時間弱もかかってしまいました。

初学者だと、

evalコマンドも知らないし、そもそもどうやって文字列結合されるかも知らないし、変数呼び出しの方法に種類があることも知らないし、、、

とわからないことだらけで混乱してしまいます。

今回改めて思いましたが、一歩一歩解決していくことがエラー解決の鍵ですね。。

ご参考になれば!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました