【Java】配列は添え字(index)に注意!部屋の数と部屋番号の数字は違います。

Java

こんにちは。
Numata です。

今回は配列の要素の数え方について解説します。

配列を学習したときに必ず引っかかるのが、添え字の概念です。
indexとも呼ばれますね。

添え字は、Java学習を進めていっても、よく間違える箇所です。
しかし、仕組みを理解していれば、一瞬でエラーを解決することはできます。

この機に理解して、添え字に惑わされることはなくしましょう!

部屋の数は1から数え、部屋番号は0からつけます

配列を学習する際に、下記2点を分けて考えましょう!

「部屋の数」 :配列の要素数

「部屋番号」 :配列の要素の番号


・部屋の数

配列を作るとき、必ず大きさ(部屋の数)を指定しなければなりません。

上記式は、部屋数5コの配列が作成されます
ここで注目すべきは、部屋を作るときには1から始まるということです

部屋数1コの配列を作成したかったら、

と宣言します。

部屋には、要素が入っていますよね。
つまり、部屋数=要素数になるのです。


・部屋番号

配列の部屋に入っている値を取り出したいときは、
部屋番号を指定します。

この文が実行されると、
array という配列の3番の部屋に入っている値が取り出されます。

ここで注意したいのは、部屋番号は0から割り振られるということです。

例えば、部屋数5コの配列arrayが宣言されたとき、

この配列の部屋番号は0~4です。

全部で5部屋のアパート(0号室~4号室)ができたイメージです。
部屋番号は一番前の部屋から、0から割り振られます!

部屋番号は0から割り振られるのに、配列の要素数は1から数える。

これが配列の初期によくあるミスです!

for文で回すときは、0から始めて、><を使いましょう!

以下例プログラムです。

for文で配列を回すときは、正答例のように、

・i は0で宣言し
・< を使って範囲を指定

とすれば、エラーが出る間違いは格段に減ります!

部屋の数は1から数え、部屋番号は0からつけます

いかがでしたでしょうか。
大切なことなので最後にもう一度言います。

部屋の数は1から数え、部屋番号は0からつけます

これでもう添え字に迷うことはないでしょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました